知らずに金利を払いすぎていませんか?

過払い金

過払い金とは時のごとく払いすぎたお金のことを指しますが、最近話題になっているのはグレーソーン金利と呼ばれる法定利息を超えた利率で借り入れた人が本来の借入金の返済が終わったのに違法金利分の金額を払い続けた為に生じた金銭の事を指します。

多くの消費者金融業者は利息制限法を超えた金利を課していましたが、出資法で定めた年利29.2%を超えない限り刑事罰に問われる事がなかったのと、法律でも制限利息を超えた金利を支払った場合でも、それが任意であれば支払った分の金額を返還請求出来ないと定められていました。

しかし昭和39年と42年に出た最高裁判決で過払いになった金銭を不当利益として返還請求が出来ると言う判断がでた為に、過払い金の返還請求が実質可能になりました。

これにより消費者金融業者への過払金返還請求が増えましたが、実際には本人による過払い金返還請求も勿論出来るのですが、相手もプロですので交渉は容易くありませんので、多くは弁護士や司法書士事務所へ代理を依頼するかたちになり、過払金返還訴訟バブルとまで呼ばれるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です